弁護士法人ブレインハート法律事務所

弁護士法人ブレインハート法律事務所

トップページ > サービス一覧 > 高齢者支援 > ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)

ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)

解説

弁護士は、法的な問題全般について、皆さんからのご相談に応じ、代理人等として活動することができます。自分の健康に不安を覚えた時に気軽に相談できる「かかりつけのお医者さん」がいると安心できるように、気軽に相談できる「かかりつけの弁護士」がいれば、市民の皆さんがより安心して地域での生活を続けることができるのではないか。そんな思いから生まれたのが「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」です。

現代社会では、例えば高齢者の方が介護サービスを受ける際にも「契約」をする必要があり、また、悪徳商法や高齢者に対する詐欺が大きな社会問題になっています。

私たちは、高齢になっても住み慣れた地域で若い頃とできるだけ変わらない形で安心して生活したいという、皆さんのごく当たり前の望みを実現することのお手伝いをしたいと考えています。このようなお手伝いをするため、私たち弁護士が皆さんの「かかりつけの弁護士」である「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」となり、高齢者の方々が抱える様々な法律問題についてご相談に応じたり、ご自身の財産管理等に不安を抱えている方からご依頼を受け、預金通帳や有価証券その他の重要書類の保管や、銀行への預け入れや引き出しなどの金銭管理、賃貸不動産がある場合の家賃の管理などを行ったりすることにより、高齢者の方々の暮らしの安心をサポートいたします。

事業を営んでいる高齢者の方が、その事業を子どもなどに円滑に継承させたいと考えているときに、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士がお手伝いをいたします。

また、例えば認知症等により判断能力が衰えた後も、自分が望む財産管理等を続けてもらいたい、そのために、判断能力が十分にあるうちに、信頼できる弁護士に自分の望みを伝えて託しておきたいというニーズにお応えできるよう、ご依頼人と「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士との間で、予め任意後見契約という契約を結んでおくこともできます。

この他にも、ご自身の死後、ご自身の財産等をどのようにしてほしいかということを書面にする遺言書の作成、遺言内容を確実に実現するための弁護士による遺言執行、近親者のいない方の葬儀や供養等の死後の事務等を、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士に依頼することもできます。

さらに、高齢者の方は、悪徳商法や様々な詐欺等の被害に遭ったり、予想しない紛争に巻き込まれたりすることがあるため、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士は、このような被害等を未然に防ぎ、万一、被害等を受けた場合でも、これを最小限にとどめ、あるいは被害等の回復を図るべく、皆さんの代理人として活動いたします。

Q&A

私は、社会福祉法人が運営する高齢者向けの施設で、施設長をしております。当施設の入所者の方々の中には、通帳やはんこの管理・金銭管理等を施設側でやってほしいと希望される方や、ご自身の親族に対する様々な思いから、ある親族には自分の財産を沢山やりたいが、別の親族は自分に冷たくするし、自分のお金を勝手に持っていくので財産は一銭もやりたくない、だから施設も協力してほしい、遺言書も施設で作ってほしいなどと希望される方もいらっしゃいます。しかし、私どもは、法律の専門家ではないため、他人の財産管理等をお引き受けすることに種々の不安を持っておりますし、遺言書の作成や親族間のもめごとの解決などには関与できないと考えております。そこで、現在、当施設では、法律の専門家である弁護士さんにご協力いただくことを検討しており、その検討過程で「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」という言葉も耳にしました。 私どもといたしましては、施設入所者の方々が弁護士さんのサポートを受けられるようになれば、現在抱えている不安等が解消されるのではないかと期待しているのですが、施設入所者の方々に対するケアは、単発のものや部分的なものであってはならず、継続的でトータルな支援が必要であると考えているため、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」がこれに合致するものか知りたいと考えています。また、弁護士さんは、福祉や医療の専門職との連携をどのように考えているのか、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の費用はどの程度かかるのかという点も、教えてください。

「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」とはどのようなものか、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士がどのような活動をさせていただくのかについては、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の解説部分をご参照ください。

そのうえで、私たちは、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士が高齢者の方々を適切にサポートしていくためには、以下の3つの視点が重要だと考えています。

(1)トータルに支援する視点

高齢期に生ずる問題は、医療や介護の問題、住まいの問題、財産の管理の問題など様々です。「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士は、あるトラブルの解決だけをお手伝いしたり、種々の問題について部分的に支援したりするのではなく、これらの問題についてトータルに支援することが必要であると考えています。

そのためには、高齢者の方々が、弁護士との間で、日頃より種々の問題について些細なことでも気軽に相談できる関係を築いておくことが重要であると考えています。

「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」は、かかりつけのお医者さんや会社の顧問弁護士のような存在であり、高齢者の方々が抱える問題についてトータルに支援していきます。

(2)継続的に支援する視点

弁護士は、トラブルが起きたときに必要な存在と思われがちですが、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士は、そもそもトラブルが起きないようにする、あるいは、仮にトラブルが起きても被害を最小限に食い止めるために、見守り等のサービスを通じて高齢者の方々を保護していきたいと考えています。

そのためには、日頃より高齢者の方々に寄り添い、継続的に支援をしていくことが重要となります。

また、継続的な支援をしていくことにより、元気で判断能力はあるものの財産管理等を自分一人で行うことに不安を感じて弁護士にアドバイスを求める段階、財産管理事務等の一部を弁護士に委任する段階、判断能力が衰えてきたために弁護士に財産管理事務等を全面的に委任する段階、自分が判断能力を喪失したときに備えて予め弁護士に任意後見人就任の依頼をしていたところ実際に判断能力を喪失したという段階、相続の段階などのあらゆる段階で、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士が、ご本人の望む、ご本人に最も適した支援を行うことが可能になります。

(3)福祉・医療専門職などとの連携の視点

高齢者の方々をトータルかつ継続的に支援するためには、法律問題だけではなく、福祉や医療の問題にも対応することが必要になりますが、弁護士だけで全ての問題に対応することは困難です。

そこで、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)」の弁護士が活動するにあたっては、福祉や医療の専門職の方々等と連携をとることができる関係を築き、必要に応じて各専門職等が役割を分担して高齢者の方々を支援することができる体制を作ることが必要であると考えています。

「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)契約」は、以上の3つの視点に立って高齢者の方々を支援するための契約です。「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)契約」を結んでおけば、いつでも弁護士にお気軽にご相談ができ、弁護士から適切なアドバイスを受けることができます。
弁護士に様々なご相談をされる中で、財産管理を依頼したいとお考えになれば、ご本人の望む内容の財産管理契約を結ぶことができますし、遺言をしたいとのご希望があれば、ご本人の望む内容の遺言書作成を依頼することができます。もちろん、日頃の見守りや相談を内容とする「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)契約」だけで良いということであれば、他の契約を結ぶ必要はありません。

「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)契約」にかかる弁護士費用につきましては、個々のケースに応じて、弁護士との話し合いで決めていただくことになりますが、長期にわたる継続的な契約で、「ホームロイヤー(ライフサポート弁護士)契約」は、長期にわたり継続することが予定される契約で、主に個人の生活面の支援を目的とする契約であるため、無理のないご負担額にさせていただきたいと考えております。

興味を持たれた方は、当事務所にお気軽にご相談ください。

お問い合わせcontact

ロゴ


六本木オフィス
〒106-0032
東京都港区六本木7-17-22
秀和六本木レジデンス610
TEL 03-6434-9874 FAX 03-6434-9875
大阪オフィス
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-11-6
ウェリス西天満304
TEL 06-6585-0678 FAX 06-6585-0214
福島オフィス
〒960-8041
福島県福島市大町2番32号
並木通りコロールビル4階
TEL 024-528-0330 FAX 024-528-0331
相馬オフィス
〒976-0042
福島県相馬市中村字田町2番地の1
さくらビル2階
TEL 0244-26-3327 FAX 0244-26-3328